脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ

 

ccra%e3%83%ad%e3%82%b4

脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ BASICコース
【BASICコース概要】

全ての活動の基盤となっている「姿勢」の評価方法や

脳卒中後遺症者特有の姿勢に対して介入する実践的なテクニックを習得できる。

また、評価・テクニックに関わる理論(解剖学、運動学、生理学)を理解する事で、

今まで自分が習得してきたテクニックを応用したり、

新たなテクニックを生み出したり、自身の治療の軸を作る下地作りができる。

 

 

【神経生理学編日程】

東京会場:2017年1月21,22日(土日)両日10:00〜16:00 (開催終了)

大阪会場:2017年4月15,16日(土日)両日10:00〜16:00

仙台会場:2017年4月22,23日(土日)両日10:00〜16:00

福岡会場:2017年2月11,12日(土日)両日10:00〜16:00    (開催終了)

お申し込みはこちらから

 

【セミナー目的】

・座位姿勢の評価、姿勢コントロールの分析ができるようになる

・神経生理学を学び、中枢神経系に対しての介入ができるようになる

・姿勢コントロール、運動制御に対してのアプローチができるようになる

 

【対象】

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

 

【セミナー内容】

・中枢神経系の障害、姿勢、姿勢コントロールの仕組みとは(講義)

・座位姿勢、姿勢コントロールの評価方法(実技)

・脳卒中後遺症者の座位での主要問題〜解剖、運動、生理学からの理解〜(講義)

・体幹部の問題に対してのアプローチ(実技)

・上肢の問題に対してのアプローチ(実技)

・下肢の問題に対してのアプローチ(実技)

 

【受講料】

20,000円(税別)

旧CVAセミナー受講者は半額の10,000円で受講可能。

 

お申し込みはこちらから

 

【講師】

岡澤 頼宏(おかざわ よしひろ)

理学療法士

国際統合リハビリテーション協会 認定インストラクター

CCRA認定講師

 

BASIC一括受講コースの方は1割引で受講が可能です。

BASIC一括受講コースとは