「もっとお給料がほしい」

 

これは多くの方が望むことだと私は思います。

 

私たちリハビリテーション業界は様々な働き方があります。

病院、施設、養成校をはじめ分野は多岐に渡ります。

 

一番は専門であるリハビリ現場で働き、

そこで対価としてお給料をいただいている場合が多いと思います。

 

対価というのは価値ある人に対して多く支払われ、

そうでない人はそれ以上のことは望めません。

 

正社員なら毎月決まった日に支給されます。

そのためある程度収入が見込めます。

 

得た収入の中でやりくりして毎日を過ごすことになりますが、

趣味など幅広い生活を考えると限られた中では頭を抱えることありますよね。

 

そうすると収入を上げたいと思うわけです。

より高い収入を手に入れたいと考えます。

 

どのようにしたらより高い収入を手にすることができるのか。

よりお給料の高いところへ職場を変えますか?

 

よりお給料の高いところへ職場を変えることは1つの方法ですが、

この方法を選択するでしょうか。

 

この場合の職場転換というのは、

単なる目の前を否定しているだけだと私は考えます。

 

仮に職場転換をしたとしても、

環境が変わるだけで自分自身は何も変わっていません。

 

ここではじめにも申し上げましたが、

対価というのは価値ある人に対して多く支払われます。

 

環境を変えても自分の価値は変わりません。

ですから自分の価値を上げることでより高い収入を手に入れることになります。

 

ではどうしたら良いのか。

 

それは、今を知ることです。

 

決して今いただいているお給料を知ることではありません。

それはよく知っているはずです。

 

この場合は、自分の仕事に対する責任ではお給料が低いという事実を否定せずに認めることです。

 

自分の価値を上げるためにこの理解が重要です。

これを認めることで次に見えてくることがあります。

 

それは、これから自分がすることです。

セラピストとして価値を上げるためにとる行動になります。

 

 

人との関わりが苦手な人はコミュニケーション能力を鍛える

触診が苦手な人は触診の勉強をする

 

人と関わるセラピストにとって自分の価値を高めることは

非常に大切だと私は思っています。

 

なぜなら人から選ばれてする仕事だからです。

 

上司にはできて自分にはしんどい業務って思い浮かびますか?

いつも同じ人が責任ある仕事をしているのはなぜだと思いますか?

 

それはきっと患者対応や他職種への対応など総合的に優れているからです。

この自分との差がそのままお給料の差になっています。

 

ではどうすればよいのか?

 

一つ一つの業務(以外の部分も含め)をきっちりすること。

技術を要することは技術を習得すること。

習得しようとする姿勢を見せ続けること。

 

あなたを管理する方(上司)は、あなたの組織における価値を判断しています。

そうやってお給料というものは決まっています。

 

自分の価値高めたいですよね。

 

最後になりますが、

より高い収入を手にするためには今を知りそして受け入れる。

 

そのあとの行動がカギになります。

 

今日はこれで終えます。

ありがとうございます。

 

国際統合リハビリテーション協会 関西支部

認定インストラクター

理学療法士 土井浩史