明日から役立つ上肢の基礎研修会〜手関節〜

  • HOME »
  • 明日から役立つ上肢の基礎研修会〜手関節〜

・この研修会では、明日から役立つ手関節の基礎知識から治療技術までを学びます。

779af2340f335aedd41da003f347b822

あなたの、専門職として譲れない部分は何ですか?

 

医師、
看護師、
検査技師、
などの職種は
専門に特化しています。

 

果たして、われわれ療法士は
何に特化しているのでしょうか。

 

療法士は、
ひとのうごきをみる専門職です。

 

歩行のうごき、
日常生活のうごき、
スポーツのうごき、
趣味のうごき、
こころのうごき、
などの、うごきをみてリハビリテーションを行います。

 

そこだけは圧倒的なプライドを持つべきだと私は感じています。

 

うごきをみる専門職として、自信が持てるようになるためには?

うごきをみれるようになるためには、身体をみれるようになることが前提にあります。
身体をみれるようになる一つの術として、
身体の状態を直接的に、触診・評価・治療することが重要な要素です。

 

前回8月、上肢の肩関節に絞って研修を行いました。

そして今回、手関節に絞って触診・評価・治療できるよう研修を行います。
臨床現場では、PT,OT,STといった職種を問わず上肢に問題を抱えた患者様に出会う機会が多くあります。

そして、「手関節は日常生活を遂行する上でとても重要な部位」だとは言うまでもありません。6e723666f5fcf2e7a361a8ac65f33e17_s

手関節を使った日常生活動作は多種多様、限りなく多く療法士にとって避けては通れない部分です。

手関節を始め上肢の知識、触診技術や治療技術を習得する事で、

症状や問題点を評価する事ができ、患者様の日常生活動作や生活の質の向上に大きく貢献する事ができます。

 

「明日から役立つ」がコンセプト

この研修会では「明日から役立つ」をコンセプトに、手関節の基礎知識、触診技術、さらには治療技術を学びます。
・どう評価、考察して良いかわからない
・介入方法がわからない
といった悩みは、解剖学的知識、治療技術があば解決することができます。

 

あなたは、こんな経験ありませんか?

・手関節について勉強がしたいけど、なかなか研修会がみつからない、勉強の仕方がわからない。
・最小限必要な手関節の知識や触診ができるようになりたい。

・納得のいく手関節へのアプローチや解釈の方法が知りたい。

14182069_942147815915067_658884066_n

この研修会では、明日から役立つ知識と技術を基礎から丁寧に学んでゆきます。
当日は、同じ悩みを抱えた仲間が多く参加しています。
ピン!と来たあなたは、この機会にぜひご参加ください。

 

講義・実技内容

◯手関節の概論、役割、機能

◯手関節の運動学

◯手関節のリハビリポイント

◯手関節の骨、関節、筋の触診

◯手関節の治療、アーチの作り方

◯ADLと手関節の関係性

 

講義詳細

日時:平成28年11月23日(水)祝日:勤労感謝の日
時間:10:00〜16:00
場所:ドーンセンター 視聴覚スタジオ <会場詳細>

対象:理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

値段:8,640円(税込)

講師:作業療法士、国際統合リハビリテーション協会認定インストラクター

〈年間200症例以上を担当する現役の上肢専門に臨床をしている作業療法士が講師を務めます〉

 

※作業療法士の皆様へ

日本作業療法士会認定「生涯教育単位システム」ポイント付与対象の研修会です。

 

779af2340f335aedd41da003f347b822

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.