こんにちは。作業療法士の壷内です。
「腰痛治療」はPTの仕事!OTの専門じゃない!!

なんて思っている作業療法士の先生方はいませんか?

 

実は「腰痛治療」はOTが最も得意とする分野なのですよ。

Unknown

では世の中に溢れるばかりの素晴らしい腕ある理学療法士の先生や

コンビニ以上に多い接骨院があるのに

なぜ腰痛患者さんは減らないのでしょうか?

 
それは最も得意とする分野の人達が力を発揮していないから。

 

専門分野である事に気付いていない人達がいるから。

作業療法士の皆さんが関わらないからではないでしょうか。

 

老子(古代中国の哲学者)はこの様な言葉を残しています。

『人に授けるに魚を以ってするは、漁を以ってするに如かず。』

貧しい人に魚を与えれば、その人は1日は食料に困らない。しかし、魚の捕り方を教えれば、その人は一生食うに困らない。
人が生きるために本当に必要なのは、物ではなく物を得る技術であるということです。

 
85%の慢性腰痛に悩む方が誤解している常識をリセットし、解決の手段を与え自己管理できるように導くことができるのは作業療法士の皆さんではないでしょうか。

 

作業療法とは「作業(activity)」の意義は、「作業するプロセスを経て得られる対象者の生活行為における満足感や心地よさといった感覚的変化」にある。
すなわち、作業で何かができるようになったといった結果はもちろんであるが、ひとが自分にとって必要な作業をすることに対する満足感とか、心地よく取り組めたかといった、作業をする過程でおきた気持ちの変化こそが「作業(activity)」の意義といえる。(書籍:「ひとと作業・作業活動」より)

 

 

この言葉の中に「腰痛治療」のヒントが隠されています。

是非、セミナー会場に答えを見つけに来てください。

驚きと興奮をお約束します。

 

最後までお読みいただきまして有難うございました。

 
追伸、セミナーには理学療法士の先生方もたくさんご参加いただいています。
このままでは作業療法士が太刀打ちできなくなりますよ。
セミナー情報はこちら↓

~“腰に触らなくても”結果が出せる!腰痛の評価と治療 in大阪~

日時:2016年8月7日(日)10:00~16:30
会場:ドーンセンター 中会議室2
申し込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/ ef0c91ba295199
詳細:http://akahalabo.com