%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-%e5%8d%88%e5%be%8c8-33-28

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-%e5%8d%88%e5%be%8c8-33-40

 

日本は世界の中でもトップクラスの医療技術を持っている国です。

しかし、リハビリに関しては世界から遅れをとっているのが現状です。

インターネットなどの普及により情報は手に入りやすい環境となっているのになぜ差が埋まらないのでしょうか?

それは・・・

情報ばかりが先行しており、実際に治療技術を経験してみることができていないからです。

そんな中、当協会が全国で開催してきた確実に結果が出せる治療技術のみを体験し、身につけることが出来るセミナーが遂に、四国での開催を決定致しました!!!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-%e5%8d%88%e5%be%8c8-34-19

・自信がなく、事なかれ主義だった自分が臨床でしっかり結果が出せ、会議でも自信を持って発言出来る様になった。

・IAIRの手技では即時的に効果が出せた。

・機能障害から逃げてADLの反復ばかりを繰り返したあの頃の私が変われた。

・患者さんの悩みに対する根本的に治療が出来ず患者さんに申し訳なかった。IAIRに出会って『ここだな(ここなら結果が出せる)』と思った。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-%e5%8d%88%e5%be%8c8-34-40

もしかしたら、新人さんや経験年数の浅いあなたが、1日で結果の出る技術が習得できるなんて考えられないかもしれません。

実は、その理由はシンプルで、「そのようなセミナーに参加したことがないから」です。

また、リハビリの業界で「技術を習得すること」にフォーカスしてテクニックを伝えている研修団体はほぼ皆無です。

今まで何らかの研修会に多く参加したことがある勉強熱心な方もいると思います。講師が知識や技術をたくさん持っていて、短時間で膨大な情報量を詰め込むような内容のセミナーや、理論・知識ばかりで実技がない・・というセミナーばかりではありませんでしたか?

残念ながら、それではあなたに技術が身につくわけはありません。

技術を習得するためには、ポイントがあります。

それは、『技術がシンプルであること』です。

IAIRでは、目的が明確でシンプルで、かつ結果が出る技術を、十分な時間をかけて指導しています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-%e5%8d%88%e5%be%8c8-34-53

就職後にも、参考書を買ったり、研修会に参加したりしてリハビリに関連する勉強は今までにもたくさんしている。もちろん、解剖学や運動学についても勉強しているし、業務後には残って勉強会もしている。常に『どうしたら患者さんが良くなるだろうか?』と常に患者さんのことを考えている。

しかし、、実際には患者さんが思った程よくならない。先輩の方が結果を出しているように見える。リハ計画を立てても予定通り進まない。。

こんなに勉強しているのになぜ?と感じたことがあると思います。

そんなに勉強しているのに、学んだ知識や技術が臨床に活かせず、悩んでいる人は実際にあなた以外にもたくさんいます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-%e5%8d%88%e5%be%8c8-35-15

多くの人が一生懸命学んでいるにもかかわらず、技術が習得できない、活かせていないのが現実です。

実は、その理由は、あなたにあるのではありません。「教える側」に問題があるのです。

あなたが知っている治療技術の第一人者と呼ばれる人を思い浮かべてみてください。セミナー会場で皆、素晴らしい結果を出しています。

でも、よく観察してみると素晴らしい結果を出しているのはその「師匠」だけではありませんか?

周りのアシスタントはどうですか?

受講者はその学びの過程で上達しているように見えますか?

そうなんです。その治療者は「その治療技術のプロ」かも知れませんが、「指導のプロ」ではないのです。。

IAIRは「指導のプロ」集団です。その証拠に、創始者だけではなく認定インストラクターや、多くの受講者が技術を習得して結果を出しています。

その結果、自分に自信をつけ、治療院を開業する人、会社を立ち上げる人、病院でのリハビリなどそれぞれの分野で活躍している人をたくさん輩出しています。

では、PT,OT,STの国家資格を持つレベルの人なら誰でもテクニックが習得できるその理由とは・・・

 

理由1:簡単・シンプル

IAIRのテクニックは治療の『目的』がはっきりしており、非常にシンプルな方法で行います。

 

理由2:十分なフォロー体制

インストラクターが十分に配置され、1人1人しっかりとフォローしてくれます。練習時間も十分に取っています。

 

理由3:ポイントを言語化して段階的に伝えている

達人といわれる人は、無意識的にコツをつかんでいるため、ポイントを人に伝えるのが困難です。多くの手技療法で、トップの人「だけ」が「すごい」のはそのためです。

IAIRでは、達人のコツを噛み砕いて言語化し、段階的にお伝えしています。その証拠に、創始者だけではなく、インストラクターが次々と結果を出し、開業・起業を含め多方面で活躍しています。

動画でも説明しています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=DiLGD-70CMg

 

動画でも説明しているように、これからはリハビリ飽和時代です。

自費診療の時代、セラピストが選ばれる時代へと突入します。

セラピスト業界で生き残るためには、新人の今のうちに、あなたは他のセラピストとは差をつけていかなければならないのです。

 

評価が先?治療が先?

 

評価法は教科書にもたくさん載っていますが、あなたはツールとしての治療法を持っていますか?

もちろん、問題点を見つけ出すために評価は必要です。

しかし、特に新人のうちは多角的な視点から評価することは難しく、またそれが正しい評価であったかどうかは、治療して再評価してみなければわかりません。

そこで、治療自体がしっかりできていなければ、評価の検証もしようがないのです。治療して結果が出て初めて評価が正しかったかどうかの検証が出来るのです。

IAIRテクニックセミナーでは、まず治療の方法を教えています。しかも、体験セミナーでは習得しやすく結果の出やすいものばかりをピックアップしてお伝えしています。

 

もう、こんなセラピストは辞めませんか?

 

・やるべきことが定まらず持ち時間をROMexで消費している

・検査を取ることで持ち単位をほとんど使ってしまっている

・機能から目をそらしてADLexに逃げている

・そして、今日も患者さんに申し訳ないと思っている。。

 

もしあなたがこんな風に思っているのなら、・・・良いニュースがあります。

 

【国際統合リハビリテーション協会認定

IAIRテクニック体験セミナーin四国】

このセミナーでは、IAIR認定講座で実際にお伝えてしている50のテクニックの中から

最も効果の高い4つのテクニックを選りすぐってお伝えしています。

 

よくある体験セミナーのように、「治療デモ」をして実際のやり方は本セミナーで!というようなセミナーではありません。

テクニック1つ1つを、認定講座と同じように習得のためのポイントを余すところなくお伝えします。練習時間も十分に取り、インストラクターの数もしっかりと確保して、1人1人丁寧に指導いたします。

 

質疑応答の時間も取りますので、当日は気軽に質問してください。

 

講師:壷内慎也(作業療法士・株式会社友愛 取締役・国際統合リハビリテーション協会関西支部副代表・同協会認定インストラクター・IAIR Low back Pain Technologyプラクティショナー)

 

☆体験セミナーin徳島☆

89334d3b3536d72710e59aba913f7162_s

日程:3月4日(土)10:00~15:00

場所:とくぎんトモニプラザ 6F華道室

http://www.tokuginplaza.com/asp/newsitem.asp?nw_id=3

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-18-21-19-54

 

☆体験セミナーin愛媛☆

d585cb05b2cbf17f0ae4b942122e3b3e_s

日程:3月5日(日)10:00〜15:00

場所:Lスタジオ 愛媛県松山市一番町1丁目5−14

http://www.chaikuro.net/rentalspace/l_studio.php

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-18-21-19-54

料金:両日ともに7,900円(税抜) 8,532円(税込)

 

また、このセミナーはテクニックをお伝えして模擬的に方法を教えるだけではありません。実際にペアを組んで受講生同士で治療し合ってもらいます。

ほぼすべての受講生さんがその場でお互いを治療し合い、身体の変化を実感されています。

たった1日、4時間という短い時間ですが、受講生の皆さんは学んだテクニックをほぼ習得できるようになって帰られております。

 

 

このセミナーでどんなことをするのか。その内容は・・

 

 

テクニック1 体幹:腹部ポンピング

腹部の血流増加を目的に、腹部を3箇所押すだけのテクニックです。

治療効果:

・脊柱の柔軟性向上

・腹部~下肢への血流循環向上

・インナーマッスルの機能改善

・立位安定性向上

 

 

テクニック2 肘関節(橈骨頭の亜脱臼)調整テクニック

橈骨輪状靱帯から脱落している橈骨頭のアライメントを修復するテクニックです。

治療効果:

・体幹背部の筋緊張の改善

・肩関節の可動域改善

・前腕の回内外可動域の改善

*橈骨頭の脱臼は多くの患者さんにみられる現象です。橈骨が脱臼すると前腕の可動域が減少し、その影響が肩関節→体幹背部と悪い連鎖を作り出します。

 

 

 

テクニック3 腓骨のアライメント調整テクニック

加齢と共に外側下方にアライメントが崩れてしまう腓骨の調整テクニックです。

治療効果:

・外側に落ちている重心がしっかり脛骨(内側)に乗り、立位が安定します。

 

 

 

テクニック4 大腰筋と腸骨筋間のリリーステクニック

大腰筋と腸骨筋の両方を合わせて腸腰筋と言いますが、

多くの患者さんはこの両筋間が癒着しており互いの機能が十分に発揮出来ない状態に陥っています。

治療効果:

・腰椎〜骨盤〜大腿骨の分離性の改善

・腸腰筋性の腰痛の改善

・立位バランスの改善

・歩行機能(特に立脚層)の改善

 

OTの皆さんへ

当セミナーは日本作業療法士協会の関連学会・研修会として登録されています。

セミナー当日に「1ポイント」分の受講証明書を発行致します。

 

P.S.実際にIAIRテクニックを臨床で使用した成果をご覧ください。疾患別に整理されています。

http://iair-voice.com/symptom.html

PPS.すでにIAIRのセミナーを受講した方からの紹介や、友人を紹介することでものすごくお得な特典がございます。

詳細はこちらhttp://iairkansai.jp/syokai/