みなさん、こんにちは!

IAIR関西支部インストラクターの松長です。

 

4月!新年度が始まりましたね。

岡山は桜の開花も進み、そろそろ見頃のピークを迎えそうです。

 

今回のコラムのテーマはファストフードです!

ファストフードとは、ファスト(fast)の言葉の通り、

「素早く調理できる」あるいは「すぐに食べられる」

食品や食事のことですね。

 

某企業の「ハンバーガー」はファストフードの代表的な存在ではないでしょうか。

 

もともとファストフードは、外食産業の一つの形態として、

アメリカを中心に第二次世界大戦後に産業として大きく発展していきました。

 

現在、外食産業としてのファストフードは世界中に広がっており、

日本にも、「牛丼」といった独自のファストフードがあります。

 

さて、

わたしたち消費者にとってのファストフードのメリットとはなんでしょうか?
わたしが思い浮かべる3つのメリットを記載します。
①はやい
(時間がないときでも、すぐに食事をとることができる)

②安い
(外食にかかる費用としては、お財布に優しい)

③おいしい
(これがないと、そもそも食べようと思わないです)

 

以上の3点、

当たり前かつシンプルですが、素晴らしいメリットだと思います。

 

そう!
ファストフードって素晴らしい!!

みんなもファストフードを食べよう!!

 

という話ではありません。

 

日々の食事でとっている食物、食品、栄養がわたしたちの身体をつくっている

ということを前提に考えてみましょう?

 

 

ファストフードはわたしたちの健康の維持・増進に役に立ちそうでしょうか?

 

 

この続きは次回のコラムで記載しますね。

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました。m(__)m

 

国際統合リハビリテーション協会 関西支部

認定インストラクター 松長良展