こんにちは!

認定インストラクターの松長です。

前回のコラムでは、消化酵素と代謝酵素の関係について記載いたしました。

 

 

今回は、

代謝酵素を効率的に生成するために

消化酵素を節約する工夫について記載していきます。

 

 

それでは、以下の3ポイントをご覧ください。

 

①食べすぎない

②食事に生の食材、発酵食品の摂取

③サプリメント摂取

 

【①に関して】

そもそも摂取した食物を分解するために消化酵素が必要になってきます。

つまり、食物自体を摂らなければ消化酵素の必要性はなくなってきます。

 

しかし、プチ断食程度ならまだしも、

ずっと食事をしない生活というのは現実的ではないですね。

そのため、1回の食事量や1日の食事回数を調整していくことが大切です。

 

 

【②に関して】

食物(微生物を含む)自体には酵素が含まれています。

これを食物酵素といい、これ自体に食物を分解する働きがあります。

 

酵素(たんぱく質)であるために加熱により変性し、

その働きを失ってしまうことがありますが、

生の野菜や果物であれば、加熱による影響を受けることはありません。

 

お刺身なんかもいいですね。

 

ただ、食物自体が加熱されていなくても

人間の体内の温度やphなどの環境によって、

消化をサポートするという機能を発揮できなくなってしまうことがあります。

 

また食物酵素自体、それほど強力に消化をサポートしてくれるものではありません。

生で取り入れた食物、それ自体の消化をサポートする働きを期待できる程度です。

 

 

【③に関して】

食物を分解するにあたり、そもそも何が分解されているかと言うと、主には糖質・脂質・たんぱく質といった所謂3大栄養素です。

 

例えば、

糖質(デンプン)を分解するにはアミラーゼ酵素、

脂質分解にはリパーゼ酵素、

たんぱく質分解にはプロテアーゼ酵素、

が必要になってきます。

 

通常は体内でつくられるこれらの消化酵素を

サプリメントによって外部から摂取することで、

消化酵素の節約が可能になります。

 

ただサプリメントを取る場合、

サプリメントの質や効果が期待できる内服量を考えなくてはいけません。

サプリメント自体、習慣的に使用するとなると、お金もかかりますし、

なんとなく購入してなんとなく摂取しても費用対効果はあまりないかもしれませんね。

 

 

こうしてみていくと、

消化酵素の節約に最も現実的で効果的な方法は

【①食べすぎない】こと

なんじゃないかなと個人的には思います。

 

普段の食事の量や間食を含めた食事の頻度など、あなたの食生活はいかがでしょうか?

 

 

最後までご覧くださり有難うございました。

 

(一社)国際統合リハビリテーション協会

認定インストラクター 松長良展