こんにちは! IAIR関西支部認定インストラクターの松尾です。

 

今回も、【”臨床での治療効果”を上げる方法の提案】というテーマでお話させていただきたいと思います。

 

 

同じテーマで、3回目となるので

前々回、前回の内容をご覧になっていない方は、こちらをどうぞ。

 

 

前々回:

”臨床での治療効果” を上げる方法の提案

 

前回:

”臨床での治療効果”を上げる方法の提案:第2弾

 

 

 

 

これまでの内容を簡単にまとめると、

 

 

治療効果が思うように出ない原因として、

 

問題点に対して、正しくアプローチできていない可能性がある。

 

ことをお伝えしました。

 

 

例えば、運動課題を提案行ってもらう際に、代償動作を許したまま行ってしまっているケース。

 

 

そのようなことをふせぐために

 

”局所(アプローチしたい部分)を見ながら、全体(全身)を見る”

 

また、代償動作がでているとわかった時点での対応方法として、

 

【声かけ】の工夫の仕方(体性感覚での気づきを促す声かけ) を提案させていただきました。

 

 

 

 

今回は、

【声かけ】を工夫しても代償動作が出てしまう患者様への対応方法として、

自分なりのですが【徒手でのサポート】の工夫をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

【声かけ】でも代償動作が出てしまうということは、

 

その提案した運動課題の難易度がその方にとって難しい可能性があります。

 

 

 

その際、[提案した運動課題自体をもっと簡単なものに変える]といった考えのほかに

 

[提案した運動課題を行いやすいようにサポートする]という考えが大切であると考えます。

 

 

 

何度も課題自体を変更することは、自信を失わせモチベーションを下げる危険性があるからです。

 

 

 

今回も、問題点に「大殿筋の筋発揮低下」を挙げたとし、

筋発揮向上目的に、”ヒップリフト(背臥位でのお尻上げ)”を練習課題として提案したとします。

 

 

 

【徒手によるサポート】をする上で、重要なことは、

「目的部分(ここでは大殿筋)に集中(意識)しやすいようなサポートをする」

もしくは、

「目的部分(ここでは大殿筋)に力が入りやすいようなサポートをする」

ことであると考えています。

 

 

 

具体例として、

 

 

・【殿部や大腿近位部を少し持ち上げる(支える)】

⇒殿部の重さを少し取ってあげることで、課題の難易度を下げることができます。

 

 

 

・【大殿筋に圧刺激を加える】

⇒圧刺激は、その部分への意識を向けることができます。

 

※例えば、ご自身の片側の肘を伸ばした状態から曲げてみて下さい。

今度は、反対の手で ”上腕二頭筋” を触れたまま肘を曲げてみて下さい。

触れたまま肘を曲げると、筋のボリュームを感じやすく、そこに意識が向きやすいと思います。

 

 

 

・【両方の上前腸骨棘に触れる】

⇒骨突起に触れることで、左右・前後の骨盤ずれがわかりやすくなります。

(本人に、実際にずれを見て確認してもらった上で触れるといいと思います)

 

 

 

・【腹部を床に向かって軽く圧を加え、骨盤の後傾・腰椎屈曲を誘導する】

⇒圧を床に向かって加えることで、仙骨や腰椎を意識しやすくし、正しい運動方向を教える手助けができます。

 

 

といった、様々なサポートの仕方があります。

 

 

もちろん、徒手にこだわる必要はなく、

 

肩甲骨の下にタオルを敷き、

支持基底面を増やすことで肩の力を抜きやすくする(肩甲骨の挙上といった代償をふせぐ)

といった【物品を用いたサポート】方法もたくさんあると思います。

 

 

 

初めは、このようなサポートをすることで、

代償動作を軽減し、体感(力が発揮しやすいなど)の変化に気づきを促します。

 

 

 

 

そして少しずつ、こちらのサポートの手(介助)を減らし、

患者自身の手でサポートし行ってもらいます。

サポート自体を減らしていき、

最終的にサポートなく、自分で能動的に行えるようになってもらいます。

 

 

 

このようにすることで、問題点と考えた部分への正しいアプローチが可能となると考えます。

 

 

 

次回も、【”臨床での治療効果”を上げる方法の提案】をテーマにお伝えできればと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

国際統合リハビリテーション協会

 

関西支部認定インストラクター

 

理学療法士 松尾 彰大