みなさん、こんにちは!

IAIR関西支部認定インストラクターの岡本侑也です。

 

今回は、タイトル通りマニア向けな内容になってしまっています((+_+))

 

しかし、なぜ以下に書くような勉強したかと言うと、利用者様との会話がきっかけでした。

 

普段の何気ない会話でも、その人の身体の状態を評価する要素の1つになっていることがあります。

患者様や利用者様は、このように無意識に評価点や治療対象を教えてくれているので、見逃さないようにしたいですね。

 

 

さてさて、

 

今回は利用者様との会話から、いったい何に注目し身体の状態を診たかというと・・・

 

『 歯 』 です!!

 

患者様や利用者様と良く歯の話は出てきます。

特に、義歯についてなんかはよく話ますし、話してくれます。

 

そもそも何故義歯になったのかを聞くと、虫歯が始まりであったことが多いです。

478df7b2a864560bf5beea2bd175443d_s

 

 

歯並びや、食べ物、唾液量、歯磨きの仕方などによって虫歯の発症率は変わりますので、気をつけて是非虫歯にはならないようにしてください。

 

 

虫歯になると、噛み合わせが変わりますし、神経にまで至ると痛みを生じます。

この痛みは、全身の筋緊張を亢進させます。

 

更に、その治療で使用する義歯の使用も、全身の筋緊張状態を亢進させるのです。

実は、乳歯から永久歯に生え変わる時や、親知らずが生えてきた時なんかも同じです。

 

 

このような歯の変化によって普段の歯並びが崩れ、違う噛み合わせとなることで無意識に強く歯を擦り合わせてしまっているのです。

 

すると、顎関節や、その周囲の筋や靭帯の緊張は亢進します。

 

大きい筋肉で言うと、顎二腹筋の緊張が亢進します。

 

すると、顎二腹筋の後腹の停止は、胸鎖乳突筋の起始と近く、筋膜を介しその緊張も上げてしまします。

 

胸鎖乳突筋の緊張により、その拮抗筋も緊張状態となり・・・

 

と、連鎖していき全身の筋緊張を上げていく訳です。

 

これが、偏頭痛や肩凝り、腰痛、倦怠感、むくみ、自律神経の乱れなどの原因となりことも容易に想像できると思います。

 

その為、義歯を使用する場合には歯医者と話しながら、極力フィットした違和感のないものに調整することをオススメします。

 

 

 

 

 

 

話は少し変わりますが、僕は今まで虫歯になったことがありません。

有り難いことに、親が歯並び良く生んでくれたからです。

その為、歯由来の筋緊張の亢進は見られません。

 

 

・・・なんてことは嘘です!!

あっ。虫歯になったことないのはホントですよ♪(唯一の自慢。。。)

 

 

恥ずかしながら、僕は睡眠中良く歯ぎしりをしていたみたいなんです。

歯を擦りあわせてギリギリガリガリ。

 

すると、歯は削れ、噛み合わせは悪くなり緊張が上がる原因になりますし、

 

そもそも、歯ぎしりをしていること自体が無意識に顎関節周囲の緊張が上がっている状態なのです。

 

朝起きた際に、身体が特別硬い時は睡眠中にきっと歯ぎしりを多くしていたことで、顎関節周囲からの連鎖で全身の緊張が上がった状態が続いたからであると考えられます。

 

ちなみに・・・歯ぎしりの原因はストレスが多いみたい。

 

まぁ、みなさんもストレスの溜まる日もあるでしょうから、そんな日にはアロマなんかたいて寝たり、お風呂でゆっくりしたり、スポーツしたり、森林浴したりとストレスを逃がす手段を見つけておいて下さい。

 

そして、患者様や利用者様にも伝えてあげて下さい。

身体に起きていることを認識させて、対処法を提案してあげることもリハビリの役目です。

 

 

 

最後、話をまとめると・・・

 

・歯の変化は全身の筋緊張に関与している。

・なるべく自然な噛み合わせになるよう義歯の調整が必要。

・歯へ負担を減らす為に、ストレスを貯めない。

 

もしかしたら、みなさんでも取り切れなかった筋緊張は、『歯』からきているのかもしれません。

この3点を頭の片隅に置き、評価、指導、治療をしてみて下さい♪

 

マニアックなのに読んで頂きありがとうございました。

それではまた次回♪