今回はADLの根拠に基づくアプローチシリーズ第5弾のご案内です。

ADLシリーズ第5弾は入浴です。

 

ADLの根拠に基づくアプローチ-入浴編‐は4月9日の開催です。

 

「浴槽へのまたぎ動作が難しい」と患者様に言われることありますよね。

 

その「またぎ動作」が、どのようにすればできるようになるのか、やりやすくなるのか。

 

・足を上げることができないのか?

・体幹の出力がなく、バランスをとることが難しいのか?

・洗い場側の足を支えることができないのか?

 

など、様々な場面が想定されますが、治療するポイントは定まっていますでしょうか?

 

今回の入浴セミナーでは、入浴動作の動作分析のポイントをお伝えさせていただきます。

 

そして、動作分析を基に、浴槽へのまたぎ動作に必要なアプローチ方法も学ぶことができます。

 

解剖学的知識や運動学的知識、評価から治療まで入浴動作に必要なアプローチを網羅したセミナー内容になっております。

 

次回の開催は決まっておりませんので、是非受講してみて下さい。

 

[ 講 習 会 詳 細 ]

日時:平成29年4月9日(日)

時間:10:00~16:00(昼休憩1時間)

場所:ドーンセンター 視聴覚スタジオ(大阪市、天満橋駅徒歩3分)

http://www.dawncenter.jp/top/index.jsp

講師:作業療法士、国際統合リハビリテーション協会認定シニアインストラクター

受講料:一般価格8,640円(税込)

※ 作業療法士の皆様へ  日本作業療法士会認定「生涯教育単位システム」ポイント付与対象の研修会です。

[ セミナー詳細 ]

https://iair-member.jp/kansai/html/products/detail/96