特に女性セラピストや身体の小さい男性セラピストは必見です。

大きい力を出す方法をお伝えします。

 

さて、大きい力を出すとはどういうことなのか?

 

それは手だけで動かすのではなく、身体全体を使って動かす方法を学んでいきます。

体幹から手まで力が伝わることで、大きな力を出すことができます。

 

どれくらいの力かというと、女性が四つん這いになって、男性を2人乗せられるくらいの力は出ます。

 

それを立った状態でも出せるように身体の使い方を覚えていただきます。

 

身体が大きい患者様もたくさんおられる中、小さいセラピストが対応する場面も多々見られます。

ミスマッチな状態でリハビリや介助をすることで、腰痛が出ているセラピストもたくさんおられますし、痛みがある状態では最高の治療を提供することはできません。

 

痛みがなく動けるようにするためには、自分の身体を最大限使えるようにすることが大切です。

 

患者様にも体幹が使えるようにしましょうとか言いますよね。

それと同じでセラピストも体幹を使えるようになり、身体に負担がかからないようにリハビリ、介助をすることが必要だとは思いませんか?

 

今より介助をラクにできることで、患者様も動くことがラクになりますので、自分の身体のため、患者様の身体のためにtune upセミナーを受講してみませんか?

 

 

テーマ:「セラピストの為のtune upセミナー」

≪大阪開催≫ 日  時  :平成29年8月27日(日)  10:00〜16:00 (昼休憩1時間)

場 所 :エルおおさか 701

http://www.l-osaka.or.jp/index.html

申し込みページ:https://goo.gl/Psd4Ns

 

≪愛媛開催≫

日  時  :平成29年9月2日(土)  10:00〜16:00 (昼休憩1時間)

場 所 :Lスタジオ

http://www.chaikuro.net/rentalspace/l_studio.php

申込みページ:https://goo.gl/f9XrNq

講  師 :壷内慎也(作業療法士 国際統合リハビリテーション協会関西支部 副代表)

受講料 :Bクラスライセンスコース 17,820円(税別)       単発受講 19,800円(税別)

対 象 :作業療法士、理学療法士、言語聴覚士

セミナー詳細 :http://iairkansai.jp/seminar