相手の身体に合わせた触り方はできていますか?

人の身体の状態はそれぞれことなりますので、その人に合わせた触り方をする必要があります。

 

それを皆同じように触っていると、反応が出やすい人と出にくい人とがいることに気付いている方もおられると思います。

 

特に緊張の高い患者様は、触りたい場所まで手が沈められなかったり、表面で押し返されてしまったりします。

 

そんな方へは触り方を変えるだけでも、深くまでタッチしやすくなります。

 

おそらく緊張の高い患者様に対して、力ずくで奥まで入れようとして、手や腰を痛めてしまったり、疲れてしまう方もおられると思いますが、強い力を使わなくても、深くタッチを入れる方法があります。

 

まず、なぜ深くまで入れられないかというと、患者様は防御収縮を起こしているからです。

 

試しに自分でも他人でもいいので、お腹を少し強めに急に押してみて下さい。

「来る!」と思って、自分でも力を入れてしまうのがわかると思います。

 

この状態では患者様も力を抜くことができませんので、更に硬くなってしまいます。

 

では、どうすれば防御収縮を起こさずに触れるかというと、相手の身体の反応に合わせて手をいれていくことです。

 

でも、この相手の反応を感じるためには自分の身体のセンサーが作動している必要があります。

このセンサーを作動しやすいようにするために自分の身体の状態を整える必要があります。

 

それを学べるのがtune upセミナーです。

 

端からみたら、治療アプローチを教えないセミナーって、よくわからないと思われるかもしれないですが、小手先の技術を学ぶよりも、本質を学ぶ方が明らかに技術の上達が早いです。

 

これは基礎ができていなければ応用ができないのと同じ原理です。

 

騙されたと思って受講してみて下さい。

今まで反応が微妙だと感じていたアプローチも反応が出やくすなっていますよ。

 

 

テーマ:「セラピストの為のtune upセミナー」

≪大阪開催≫ 日  時  :平成29年8月27日(日)  10:00〜16:00 (昼休憩1時間)

場 所 :エルおおさか 701

http://www.l-osaka.or.jp/index.html

申し込みページ:https://goo.gl/Psd4Ns

 

≪愛媛開催≫

日  時  :平成29年9月2日(土)  10:00〜16:00 (昼休憩1時間)

場 所 :Lスタジオ

http://www.chaikuro.net/rentalspace/l_studio.php

申込みページ:https://goo.gl/f9XrNq

講  師 :壷内慎也(作業療法士 国際統合リハビリテーション協会関西支部 副代表)

受講料 :Bクラスライセンスコース 17,820円(税別)       単発受講 19,800円(税別)

対 象 :作業療法士、理学療法士、言語聴覚士

セミナー詳細 :http://iairkansai.jp/seminar