こんにちは。

IAIR認定インストラクターの中野充容です。

 

患者様に文句を言われたり、リハビリに意欲的でないことがあったりしませんか?

特に入院の患者様では、待っていなくても毎日リハビリの先生が来ますよね。

 

この患者様は「意欲的でない」「やる気がない」「いつも文句ばっかり」とかセラピスト側からの意見は多数聞こえてきますが、セラピストからの押し付けのリハビリになってしまってはいませんか?

 

・歩くためには〇〇のリハビリが必要だ

・足を振り出しやすくするためには運動療法が必要だ

 

ADLを改善するためには、リハビリが必要で、運動療法や徒手療法など手段はたくさんあります。

それを患者様は望んでいるのでしょうか?

もし、こちらが提供したいリハビリを望んでいない、必要な理由がわからないまま治療を進められてしまうと、「意欲的でない」「やる気がない」「いつも文句ばっかり」というようなことが起こってきます。

 

こちらが提供したいことと、患者様が提供してもらいたいことが異なっていると、こういうすれ違いが起こってきます。

 

私たちセラピストが一生懸命評価し、できるだけの治療を施したとしても、患者様が考えている理想の治療と違えば、受け入れてはもらえません。

それでも、必要だからとセラピスト側の意見だけを通してしまうと、信頼関係が築けないので、リハビリの効果も上がりにくくなります。

 

このような場面を打開するためには「納得」してもらう必要があります。

 

患者様の意見、考えていること、してほしいことを効かずに、〇〇するためには必要だからと、セラピストの思っている治療をするだけでは「納得」ではなく「説得」です。

 

あなたも上司や先生に「説得」されたことがあるかと思いますが、純粋に行動に移せたでしょうか?

「説得」の段階では、まだ腑に落ちていないので、本当に必要なレベルの行動は起こせないのです。

 

「納得」はあなたの考えを理解し、賛同し、受け入れてもらえることです。

ここまで患者様に信頼していただく必要があります。

 

患者様に「納得」してもらえることはできますでしょうか?

「納得」してもらえるだけの説明ができなければ、まだまだ患者様のことを十分に理解できていないでしょうし、評価も不十分でしょう。

「納得」してもらうためには、それくらいの情報や知識が必要です。

 

「説得」でリハビリを進めている方は、是非「納得」してリハビリを進めてもらえるように、様々な情報を集めてみましょう。

きっと今までのリハビリの効果よりも、よい結果が現れてくると思いますよ。

 

※必ずしも「納得」してもらわないといけないわけではありません。

患者様の希望することを達成することも大切ですし、患者様の意見を尊重することも大切です。

患者様がしてほしいことをすることも信頼関係を築く上では必要なことです。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

次回は12月6日にアップする予定です。

楽しみにしていて下さい。

 

IAIR関西支部認定インストラクター

中野 充容