こんにちは、IAIR関西支部代表の吉田ひとみです。

隔週金曜日に女性セラピスト向けのコラムを配信しています。

さて、今日の内容は、実は元々「焼きリンゴ」の効能を書こうと思っていたのですが
ちょっと、全然違う感じになってしまいそうです。

というのは、ここ最近わたしの周囲で

劇的に体や心が良い方向へ変化していっている方々がいらっしゃいまして

その方々から学ぶことをお話ししたいなとおもいます。

あなたは、今何らかの体調不良、精神不安定などはありますか??

それを、「セルフ」で改善させたいなぁ、自分でできたらいいのになあという時

どうしますか???

まずは、先ほどあげた方々がどんな変化をしていらっしゃるか
例を挙げたいと思います。

お一人目は、この方(写真をご覧ください)。Yさんです。

ケアの方法を学んでから、約3週間後に送ってくださったものです。

やったことはといえば、膨大な学びの中から、自分が実践することを「決め」、

「気持ちよーく実践中」とのことです。

一般的に、3週間でこんなに身体が変わる経験ってあるのでしょうか?しかもセルフで。

もうお一方、ご紹介します。Fさんです。

これは、1つのケアをした直後のもの(しか写真がなかったのですが)です。
すごく、ビフォーから柔らかいですよね。

しかしこのFさん、なんとですね、実はわたしとは今年の3月に”PMS(月経前症候群)のためのセルフコンディショニング”という講座で知り合ったのですが、

その頃は、立位の前屈で床に手がつかなかったそうです。

そこから半年足らずでこの変化です。腰痛持ち、頭痛持ちでしたが、今はほとんどないそうです。

Fさんはこう言っておられました。

「講座を受けたあとの先生のコラムで”心が変わるには、まず身体から”というのを見て、
わたしはコロリと(考え方が)変わりました。」

どういうことなんでしょう?

このお二人から、学べることは大きく2つあります。

何か、変わりたいと思った時にする2つのこと。

それは、「実体験(体感)」と「意思決定」です。

このお二人がなぜ、短期間で変わったのか?

それはまず、「効果があることを実体験を通して学んだ」こと。
そして、「実施することを決め」て、「実践した」からです。

そこで、もう一つ。最大限に重要なことがあります。

「なぜ、それを決めたのか(選択したのか)?」

Fさんは
「講座を受けたあとの先生のコラムで”心が変わるには、まず身体から”というのを見て、
わたしはコロリと(考え方が)変わりました。」

この前に、実体験としてセルフコンディショニングを学んでいます。

そして、その意味や法則を知った時、腑に落ちたのです。
さらに、この瞬間にFさんには「未来が見えた」のです。

「あっ、そうか。」

だから、わたしの未来もこんな風に変わる。と。

これはわたし個人の意見ですが、
この、「未来が見える」のは、実体験、体感した人だけだと思うんですよね。

いくら説明されたって、いくら知識を入れたって
たぶん見えないと思うんです。

だから、いくら勉強をしても変わらない人たちっているんですよね。

ですので、結論。
あなたが、「セルフ」で改善させたいなぁ、自分でできたらいいのになあと思ったら、

まず、決めることです。

何をするのか?
何を捨てるのか?
そして、なぜそう決めたのか?をはっきりさせておくことです。

決める手がかりになるのが「実体験(体感)」です。
ピン!と来たら、やってみましょう。自分の身体を動かして体験してみましょう。

その上で、その意味や法則を知る・理解すると良いです。

なんか、「水」を理解したときのヘレン・ケラーみたいですね!
でもまさにそんな感覚かと思います。

まさに「Don’t think! Feel!」ですが、その後に「決める」をするのはThinkです。

身体と心と頭、フルに使って、また新しい自分を見つけていきましょう〜!

 

それでは。