吉田ひとみです。

 

わたしは現在、産後2ヶ月なのですが

出産経験がある方、もしくは出産された方の旦那様

もしくは、妊娠中の方へ・・・

 

産後仙腸関節の痛みがなかなか取れない、

骨盤が引き締まらない感じがする

または妊娠中で仙腸関節、骨盤のあたりが痛い(特に安静臥床時)

 

そんな経験をされている方はいらっしゃいますか?

 

今日は、なかなか骨盤が締まらないと感じる場合の

対処法についての考え方をお伝えします。

 

 

産後、または妊娠中、骨盤ベルトを推奨されることが多いと思います。

そして、実際に正しく着用すると

骨盤の痛みは軽減されますし、

楽に動くことができるようになります。

 

骨盤にかかる重みや、重力の影響を補助してくれるので

とてもいいと思います。

(もちろん正しく着用しているのが前提ですが)

 

骨盤ベルトは骨盤を「締める」ものなので

マタニティや産後の体操も、骨盤を

「引き締める」体操が紹介されています。

 

だいたい骨盤底筋を引き締めるような体操ですね。

 

しかし、骨盤のような大きい骨格

関節面も骨盤内だけで3つ、脊柱や下肢との繋がりも含めて

6つもある骨盤をセルフで「引き締める」のは実は至難の技です。

 

実際に、骨盤や股関節周りのセルフケアを実施しても

痛みが取れなかったりします。

 

そういう場合は、このように考えてみるとうまくいきます。

 

妊娠中や産後の骨盤は、関節面の靭帯が緩み

骨盤が広がっています。

 

靭帯がゆるゆるなので、寝返り起き上がりの際に

「ボリボリ」という嫌な音がなったり

「いててて・・」程度の痛みが起こります(歩くとましになったりします)

 

では、イメージしてください。

 

骨盤・骨盤底筋は腹腔の底部を構成しています。

腹腔は、内容物が詰まっているので

形を変えることができますが、容積を変えることはできません。

(一方、胸郭は形と容積が変わります)

 

そんな腹腔の、底部がびろーんと広がります。骨盤も広がり、骨盤底筋もたるみます。

(ついでに前面もたるんでおります)

 

上部(横隔膜や胸郭部)、背面、側面はどうなるでしょうか?

引っ張られて、キューっと小さくなります。(緊張します)

 

水風船をイメージしてみましょう。

水風船の下部が広がると、

必然的に上部、背面、側面は容積を保つために縮むしかありません。

 

妊娠期を通してずっとそういった状態で

おまけに産後は授乳や抱っこで上半身が余計に凝ります。

ただでさえ引きしめにくい骨盤底部が

腹腔を構成する他の面にも邪魔されて引っ張られて

重力で上から押され、

余計に引き締まらない状況に陥っています。

 

ここで骨盤ベルト「だけ」使う?→緊張は取れないまま・・

体操で引きしめ頑張る?→非常に苦労します・・・

 

はい、勘の良い方はお気づきかと思いますが

先に「緊張しているところを緩める」をしてあげると良いのです。

 

まずは、背面を構成している脊柱周りと

脊柱前面に張り付いている大腰筋を緩めます。

 

そして、胸郭を動かして横隔膜と肋間筋を緩めます。

胸郭は、前面後面だけでなくしっかりと側面も緩め

腹部の内外腹斜筋も緩めていきます。

 

この時、体に刺激を入れたりタッチをしながら

「深い呼吸」を行うと

効率よく緩めることができます。

縮んで硬くなっていた上部背面側面が緩むと、底面はバランスを取ってすこし締まります。

 

ヨガやストレッチなど、緩める方法を知っている方は

ぜひ、この考え方で進めてみてください。

 

骨盤周囲の痛みがスッキリ取れたり

歩くときに骨盤がしまって颯爽と歩ける感覚が戻ってきますよ。

 

骨盤を引き締める動きをしたり

そういう治療を受けるのは

上記に挙げた「関連箇所」を緩めてからでもいいかもしれませんね。

 

ぜひ、お試しください!

それでは。

追伸

———————————————————————

骨盤の詰まりを取り除き、引き締めて、

人間の活動を根本からスムーズにする方法を

お伝えするセミナーがちょうど5月にあります。

↓↓

———————————————————————

追伸2

———————————————————————

セルフで自分の好きな箇所を緩めたり

引き締めて、体のホルモンバランスを調整する方法は

こちらでお伝えしています。

↓↓

http://gracefulcare.iairjapan.jp/pms

———————————————————————